ポータルサイト [よくわかるジャップカサイ]
JAPKASAI.JP
 
 
トップページ ジャップカサイってなに? ジャップカサイの効果 東洋医学的見地から 体調チェック
ジャップカサイを受ける ジャップカサイを習う ジャップカサイ資格 働く ジャップカサイに関するお問い合わせ
 
 
EFFECT
ジャップカサイの効果
 
 
 

 
 
 

テストステロンは加齢とともに低下します。テストステロンが低下するとどうなるのでしょうか?

【1】意欲・集中力に欠ける。
【2】チャレンジができない。
【3】人間関係がおっくうになる。
【4】眠りが浅くなる。
【5】痛みを感じやすくなる。

さらにひどくなれば、認知機能の低下や早死などのリスクが高まります。東洋医学的な見解はこちらからご確認いただけます。

 
 

体調チェックシートはこちら

 
 

ビジネスマンの間で何かと話題になっているうつ病ですが、その前段症状ともいわれる抑うつ感がEDを招きます。また、反対にEDが抑うつ感を招くことが医学界で認められています。また、男性ホルモン【テストステロン】の低下が抑うつ感につながる一方、抑うつ状態にあると【テストステロン】が低下することも分かっています。

日本では現在1130万人が満足できる勃起ができていないと言われています。40歳代では20%、50歳代では40%、60歳代では80%がEDであると推測されているほどです。世界でも日本はとてもED発症率が高い国として有名です。原因は、社会の複雑化によって、強いストレスを受けやすい環境であることだと考えられています。女性だけでなく、男性にも更年期障害がありますが、ストレスの増加が若年性更年期障害の原因になっているとも考えられます。また、過度の飲酒・寝不足・過激なダイエット・喫煙・食生活の偏りといった生活習慣も若年性更年期障害を引き起こす要因とされています。スポーツ選手などの場合は、過激な運動が原因になることもあります。

男性ホルモンの95%は睾丸でつくられる【テストステロン】。40歳以上でEDや抑うつ感、睡眠障害、筋力低下などを訴え、テストステロンが一定水準未満に低下の場合、男性更年期障害と診断されます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

仕事がデキる、異性にモテる、若く見える男性は、例外なくテストステロンが高いです。テストステロンは、主に睾丸で作られる男性ホルモン。筋肉、骨、皮膚を強くし、若々しくいられるアンチエイジングホルモン。テストステロンは、チャレンジ精神、競争心、やる気がみなぎるスーパーホルモン。

テストストロンには精神的な作用もあります。『競争に負けずに群れのリーダーになりたい』という気持ちを高めたり、仕事での成果を望んだりします。経営者、政治家、芸術家、アーティスト、トレーダーなど厳しい競争社会にさらされる職業の人はテストステロン値が高いという研究結果もあります。筋肉や皮膚を若々しく保つことはもちろん、若々しくて精力的というパーソナリティーにも関与するホルモンです。テストステロンが少ない人は老けやすく、多い人は若々しいということです。男性の人生を左右しかねない、大事なホルモン。それがテストステロンです。

テストステロンが多く分泌されている人は、キレにくいという特徴もあります。怒りの感情を抑えられずに暴走してしまうのは、テストステロンの分泌が低い人に多いものです。ですから、テストステロンが多く分泌されれば、職場でも打たれ強くなりますし、うつ病にもなりにくいのです。チャレンジ精神も競争心もあって、我慢もできるわけです。優秀なビジネスマンに求められる資質は、すべて手に入れることができるわけです。テストステロンを増やせば、元気で決断力のある仕事や有意義な人生を送ることができると言えそうです。さらに、テストステロンが高い人は、みんなに好かれるという統計もあります。要するに魅力的な人ということですね。

 
 
 
 
 
 
ジャップカサイが受けられるサロン
 
 

⇒ジャップカサイが受けられる店

 
・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・
 
 
 

TTMA(特定非営利活動法人 日本トラディショナルタイマッサージ協会)では、不妊治療対策に取り組んでいます。「妊活」にジャップカサイとヨクトーンをぜひお試しください。お問い合わせはこちらのページから。

 
・・・・・・・・・
 
ポータルサイト 【よくわかるジャップカサイ】
特定非営利活動法人 日本トラディショナルタイマッサージ協会(TTMA)
TTMA
Copyright (C) All Rights Reserved by TTMA 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited