ポータルサイト [よくわかるジャップカサイ]
JAPKASAI.JP
 
 
よくわかるジャップカサイトップページ ジャップカサイってなに? ジャップカサイの効果 東洋医学的見地から 体調チェック
ジャップカサイを受ける ジャップカサイを習う ジャップカサイ資格 働く ジャップカサイに関するお問い合わせ
 
 
ABOUT JAPKASAI
よくわかるジャップカサイ トップページ
 
 
 
 

2500年前、ブッダの主治医であった「シヴァカコマラパ」がタイに伝えたとされるタイ伝統医学には、タイ古式マッサージに代表されるようなさまざまな施術法があります。その中で「ジャップカサイ」と言われる施術法があります。このジャップカサイは、通称睾丸マッサージとも呼ばれ、精力を増強したり、腰痛を緩和したりするための施術法です。

睾丸と言っても、陰茎には手を触れることがありませんから、性風俗にみられる回春マッサージとは全く異なるものです。睾丸はもちろんですが、脚部や腹部、睾丸周辺に対してアプローチをしていきますので、全身のリンパの流れや血流を促進してから行わなくてはなりません。ジャップカサイは、精力増強、肝機能の回復、腰痛にも効果があるとされています。また、睾丸の血流量が増すことによって、勃起力、勃起時の硬さ、精液量が増加します。男性ホルモン「テストストロン」の増加も促しますから、やる気がみなぎったり、うつ病の予防に役立つ施術法として注目されています。つまり、ココロとカラダの両方に元気を促す代替療法なのです。

このジャップカサイ(睾丸マッサージ)は、タイ国内のセラピストの中でも、ごく一部の人たちだけが口伝によって伝えられた奥義であり、タイ国内のスクールでも教えられていません。ジャップカサイは当然ながら男性に対して行う施術法ですが、これに対して女性向けの「ヨクトーン」という施術法もあります。女性の不妊症や更年期障害など女性ホルモンのバランスを整える効果があるとされています。

日本では真面目にジャップカサイを行っているサービスもありますが、回春マッサージのサービスの一部として取り入れているお店もあるため、風俗的ないかがわしい施術と誤解されている面もあるのが残念なところです。このポータルサイトでは、ジャップカサイが何かを正しくお伝えし、健全なサロンをご案内したり、きちんとスキルを持ったセラピストをご紹介したり、きちんと学べるスクールをご案内することで、健全な「ジャップカサイ」の普及活動に取り組んでいます。なお、特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会(TTMA)では、「ジャップカサイ」の認定制度を行っています。資格を取得して普及活動に貢献していただける皆さまをお待ちしております。

 
・・・・・・・・・
 
 
ジャップカサイの効果
 

ジャップカサイが
あなたにとって必要かどうか
まずは、今のあなたの体調を
チェックしてみましょう。

 
・・・・・・・・・
 
 
 

ジャップカサイの施術方法を説明します。基本的にはタイ古式マッサージを120分程度行った後に行うものですので、すでに全身の血流が上がって温まった状態であることが前提になります。特に脚部を施術することで全身の血流が良くなりますし、脚部にはお腹の内臓につながるエネルギーラインがありますので、念入りに行っておく必要があります。また、背中の背骨に沿ったエネルギーラインもまた重要です。東洋医学的には腎臓膀胱系の経絡に当たります。腰や背中、首にかけての筋肉のコリは十分にほぐしておく必要があります。さらに、腹部のマッサージも大変重要なポイントです。腹部は時間をかけて行うことで、かなりゆるゆるの状態になります。ここまでのウォーミングアップがジャップカサイを行うためにはキーポイントです。この状態を作ることができないと、ジャップカサイで睾丸マッサージを施しても結果が出ないばかりか、逆に腹痛や体調不良を招き、逆効果となりますので危険です。

クライアントが寒さを感じている状態、あるいは、精神的に緊張した状態の時には、陰嚢は固くぎゅっと詰まった状態になってしまいます。そういった場合には、暖かいタオルで陰嚢(いんのう)を数分間温めます。蒸して温めたハーブボールを使用すると、よりタイ伝統医学に則ったスタイルになります。温められた陰嚢は緩み柔らかくなります。

仰向けからスタートする場合が一般的です。睾丸を後ろ側から持ち上げて表面を軽くなでたり、陰嚢(いんのう)を引き伸ばしたりします。睾丸につながる精子の通る管(精管)にテンションをかけて引っ張ります。この時に、睾丸自体には圧をかけないように注意することが必要です。四つん這いの姿勢で後ろから行う場合もあります。

いずれの場合も、テンションをかける微妙な角度やテンションの引っ張り具合が難しいものです。数ミリの違いが大きく結果に影響を与えますから、熟練したテクニックが必要になります。初めて受けた人は「股間にサッカーボールが当たった時のような鈍痛」や「腹部に縦に2本ビリビリと電気が走った感じ」と言う人もいます。かなりの痛みを伴いますので、陰茎がたとえ勃起していたとしても、あっという間にダウンしてしまうことでしょう。

 
・・・・・・・・・
 

 
 

ジャップカサイは、子孫繁栄の特効薬として伝えられた古代施術法です。子宝に恵まれないご夫婦には不妊治療の補助的な役割としてぜひともおうけいただきたい施術です。男性は「ジャップカサイ」ですが、実は、女性に対しては「ヨクトーン」という施術法がございます。それぞれ男性機能や女性機能を向上させる代替療法です。お二人でご一緒にそれぞれの施術をお受けいただくことで、不妊治療の代替療法として、体調を改善するマッサージとしてご提案させていただいております。


⇒ジャップカサイとヨクトーンが受けられる店

 
 
 
実際の施術では、下腹部が露わにならないようにタオルケット等で隠しながら行いますが、「受けるのが恥ずかしい!」という旦那さまのために、奥さまが「ジャップカサイ」の施術法を学んで、ご家庭で実践していただくという選択方法もあります。夫婦の絆をさらに深めることにもつながりますので、奥様にぜひ学んでいただきたい施術法です。

⇒ジャップカサイが学べるスクール

 
 
・・・・・・・・・
 
 
楽しんご ジャップカサイ
 
数年前からジャップカサイを多くの人に施術してまいりました。これは本当におススメです。タイ現地では風俗店が観光客を引くためのパフォーマンスとして行っている場合もあるようで、“女性による性的なサービス”だと誤解されるようになった側面があるのが少し残念です。日本も例外ではなく、風俗店がジャップカサイを隠れ蓑にして営業しているようです。本格的なものはとにかく痛いです。痛い分効果を発揮するようです。僕が行ってきた臨床経験では、本当にすごい結果が出ています。たくさんのお喜びの声をいただいています。少し知られてきたせいか、いいかげんな似非の店も多くありますので、お気をつけください。あくまで陰茎には触れません。テクニックは微妙なので、下手をすると逆に身体を悪くしますし、事故が起きる可能性もあります。業界団体TTMAの推奨する店舗でぜひお試しください。
ジャップカサイ主任研究員 TTMA理事 楽しんご
 
・・・・・・・・・
 
 
藤井まりお ジャップカサイ
 
レースクイーン〜モデル〜グラビア〜ヨガインストラクターと転身を遂げた藤井まりおちゃん。現在はココロとカラダの健康をテーマに活動しています。「困っている人を助けたいっていう純粋な気持ちでジャップカサイに取り組み始めました。実は世の中には、男性として自信を無くしてしまった人たちがとてもたくさんいるのです。なかなかやすやすと他人に話せるような内容じゃないから、あまり知られていないだけで、本当にたくさんの人たちが困っているのですよ。女性たちが幸せになるためには、まず世の男性が元気になって自信を取り戻してもらうことしかないのです。」目をウルウルさせながら真剣に話す彼女の思いには脱帽です。藤井まりおちゃんは、ヨガインストラクターをしながら、ジャップカサイのセラピストとしても活動しています。
TTMA公認 ジャップカサイセラピスト 藤井まりお
 
・・・・・・・・・
 
ポータルサイト 【よくわかるジャップカサイ】
特定非営利活動法人 日本トラディショナルタイマッサージ協会(TTMA)
TTMA
Copyright (C) All Rights Reserved by TTMA 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited